モイストリフトプリュスセラムの成分は?DMAEで顔のたるみが……

モイストリフトプリュスセラムの成分は?DMAEで顔のたるみが……

モイストリフトプリュスセラムの成分は?

即効成分DMAEを高濃度配合!

ドクターソワモイストリフトプリュスセラム】は、広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発されたリフト美容液です。

ドクターズコスメならではの信頼感で、弾むハリ肌を目指す女性に人気。

モイストリフトプリュスセラムの成分や効果についてチェックしていきましょう!

そんなモイストリフトプリュスセラム、一体どんな成分が配合されていて、その成分にはどのような効果があるのでしょう?

顔のたるみに悩む女性に支持される理由が気になります。

 

このページでは、モイストリフトプリュスセラム成分を深掘り!

メリットだけではなく、デメリットもチェックしておきましょう。

 

モイストリフトプリュスセラムの全成分をチェック

モイストリフトプリュスセラムの全成分

まずはモイストリフトプリュスセラムの全成分をチェック↓

水、グリセリン、スクワラン、BG、酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソブテン、アセチルヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、チオクト酸、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、シア脂、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチコン、ラウレス-7、PEG-60水添ヒマシ油、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール

↑が、モイストリフトプリュスセラムに配合されている全成分です。

たくさんの成分が配合されていますが、この中から、モイストリフトプリュスセラムのメリット・デメリットに関係する特徴的な成分を解説していきますね。

 

モイストリフトプリュスセラムの成分にデメリットはある?

モイストリフトプリュスセラムの成分にデメリットはある?

まずは、モイストリフトプリュスセラムに、デメリットとなる成分が入っていないか確認しましょう。

結論から言うと、危険性のある成分は入っていません。

ドクターズコスメというと効果が期待できる反面、なにか副作用がないかと心配される方もいるかもしれませんが、安全性の高い成分でできています。

 

モイストリフトプリュスセラムの成分は安全ですか?

(出典:ドクターソワ公式サイト

パラベン(防腐剤)や、肌刺激のあるエタノール(アルコール)成分も入っていませんね。

ただ口コミをチェックしていると、

  • モロモロが出る
  • カスのようなものが出てくる

といったネガティブな感想もありました。

“カス”の原因は、アセチルヒアルロン酸Na(別名:スーパーヒアルロン酸)によるものです。

ヒアルロン酸に“スーパー”がつくくらいですから、保湿効果が高い成分なのですが、手の摩擦より分子量の多いヒアルロン酸同士がくっついて、肌表面で垢のように固まってしまうことがあるんですね。

これが、“モロモロ”、“カス”が出る原因です。

対策としては、

  • 塗る量を抑える
  • 強くこすりすぎない

などを心がけましょう。

せっかくモイストリフトプリュスセラムを抑えるように丁寧につけても、次に塗るクリームやファンデーションをこすってつけては“カスが出る”原因に。

摩擦自体、お肌によくないことなので、優しく押さえるようにつけてあげてくださいね。

ちなみにスーパーヒアルロン酸の保水効果は、保湿効果の高いヒアルロン酸の約2倍です!

☆ちょっと豆知識☆

モイストリフトプリュスセラムに限らず、スーパーヒアルロン酸配合の化粧品を使うと“モロモロ”が出やすいタイプの肌質があります。

それは

  • もともと肌のキメが細かい
  • ハリ・ツヤがしっかりある

意外に思えますが、肌が整っている方は、いい意味でスーパーヒアルロン酸を必要としない。

つまり、つけると余ってしまい、ポロポロ出ちゃう?といったイメージでしょうか。

「お肌のハリツヤには自信ないかも~」という方は、“モロモロ”のことはあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

 

モイストリフトプリュスセラムの成分|顔のたるみにメリット

モイストリフトプリュスセラムの成分|たるみ肌にメリット

続いて、モイストリフトプリュスセラムのたるみ肌にメリットとなる成分をみていきましょう。

特にチェックしておきたい成分は2つあります。

 

成分1:DMAE(ジメチルエタノールアミン)

 

モイストリフトプリュスセラムで最も注目すべき成分が、「DMAE」

「DMAE」とは、人体の中でつくられる必須脂肪酸の一つ。

魚から採取される安全な成分です。

肌の奥で筋肉の収縮を増強、ハリのある肌を目指します。

 

モイストリフトプリュスセラムの注目成分
250ナノメートルの低分子のDMAEは角層の深くまで作用

 

肌は筋肉で持ち上がっています。

ですが、加齢により筋肉を収縮させるアセチルコリン(神経伝達物質)が、減ってしまうんですね。

結果、顔の筋肉がゆるみたるんでしまう……。

「DMAE」は、このアセチルコリンに似た働きをする成分なんです。

「DMAE」が、アセチルコリンの働きを補って筋肉の伸縮性を刺激してくれる。

だから、肌のコンディションが高まって、ハリある状態を目指せるというワケですね。

モイストリフトプリュスセラムで最も注目すべき成分が、「DMAE」

実際にクリニックでも使用されている美容液。

もし購入されたら、まずは、“半顔”だけ塗ってみてください。

臨床実験(※1)で検証済みの「DMAE」のチカラをあなたのお肌で実感できるかも!

(※1:2001年ヴォーグ誌、元イエール大学臨床副教授ニコラス・ペリコーン博士の実験により引き締め・ハリ効果を立証)

 

成分2:カルノシン

年齢を重ねると、どうしても、肌にしわやたるみなどが出てきてしまいます。

これは、肌の弾力保つ「コラーゲン」や「エラスチン」が糖と反応→変形してしまうから。

簡単に言うと、コラーゲンが弱まり、脂肪(顔のお肉)を支えきれず、しわになったり、たるんだりしてしまうんですね。

カルノシンは、抗AGE力(※2)&抗酸化力をもつ成分。

(※2:AGE=老化促進物質)

筋肉を元気にさせる効果があると言われています。

お肌のハリを保つには、皮膚の内側にある筋肉が元気でなければいけません。

筋肉層にアプローチできるカルノシンは、“若見え”に大切な成分なのです。

 

その他の成分について

チクオト酸(α‐リポ酸)

コラーゲンは、壊れて→再生を繰り返していますが、加齢とともに壊れたまま再生しない部分が出てきてしまうんですね。

そんな壊れたコラーゲン→健康なコラーゲンに再生を促してくれるのが「α‐リポ酸」。

ビタミンCや、コエンザイムQ10などの抗酸化成分を活性化する働きも知られています。

(参考:日経ウーマンオンライン

 

トコフェロール(ビタミンE)

血行促進・抗酸化作用で肌荒れ、乾燥肌、くすみを改善する化粧品に配合される成分です。

 

ナイアシンアミド(ビタミンB)

美白系の美容液に入っていることも多いナイアシンアミド。

表皮のターンオーバーを促し、細胞を活性化。

くすみ予防や肌荒れにアプローチする効果が期待できます。

 

パルミチン酸レチノール

刺激が少なく安定性に優れているパルミチン酸レチノール。

コラーゲンの生成を促進したり、シミなどの色素沈着を予防する成分として配合されています。

 

モイストリフトプリュスセラム成分のまとめ

モイストリフトプリュスセラム成分のまとめ

以上、モイストリフトプリュスセラムの主な成分についてまとめました。

成分というと、長いカタカナばかりで難しいですが、一つ一つどんな役割があるか確認すると、何がどうお肌によいのかわかりますね。

ドクターズコスメならではの注目の成分を取り入れたリフト美容液。

ハリアップ効果を感じたい方は、一度、お試しされてはいかがでしょうか?

 

30%OFFの公式ショップはこちら
\\初めて使う方限定割引アリ//

Q&Aカテゴリの最新記事